悪性腫瘍をなくす

がん細胞

癌性腹膜炎とは、悪性腫瘍が原因となって起こる腹膜炎の事を言います。腹膜炎とは、腹腔内を覆う腹膜という膜に炎症が起こる事を言います。腹膜炎が起きる原因としては、細菌感染等があります。 こうした原因のうち、腹膜に悪性腫瘍が発生する事で炎症が起きるのが、癌性腹膜炎になります。悪性腫瘍の発生の仕方には、腹膜に直接発生するタイプと、他の臓器からの転移で発生するタイプがあります。この癌性腹膜炎は症状が進行すると、胃癌や大腸癌等に発展する恐れがあります。 癌性腹膜炎の代表的な症状としては、吐き気や食欲不振、便秘等があります。また、それ以外にも腹部の腫瘤や腹痛といった症状を起こす事もあります。 癌性腹膜炎は癌の末期に現われる症状です。そのため、癌の増殖によって起こる全身倦怠感や、異常な体重減少といった症状が現われる場合もあります。

癌性腹膜炎の具体的な治療方法としては、対症療法が行なわれるのが一般的です。前述したように、癌性腹膜炎は癌の末期に現われる症状です。つまり、この症状が出ている段階で、すでに治癒が難しいという事になります。治癒の可能性がある場合には、放射線治療や化学療法等が行なわれますが、この症状の場合にはそれらの治療を行なっても、高い効果を期待する事が難しいのです。 ただ、まれに腹腔内に抗癌剤を投与する事もあります。しかし、現段階では高い効果が出る可能性は低いです。 対症療法とは、表面に出ている症状を緩和するために用いられる方法です。痛みや吐き気等の症状に対して、それらを抑制する効果のある薬物の投与を行ないます。これによって、患者が少しでも楽になれるようにサポートするのです。 ちなみに治療費に関しては、治療期間等が人によって違うので一概には言えないです。ただ、一般的には数十万円程度かかる事が多いと言われています。