動物性脂肪が原因

新聞に載った癌

大腸がんは、大量の動物性脂肪の摂取が原因で引き起こされてしまいます。 欧米型のがんといわれることも多かったようですが、現代の日本の食生活はお肉を中心とした欧米化に変化しています。 そのため日本でも大腸がんになってしまう方がとても多くなってしまいました。 そのため大腸がんにならないためにも、毎日のバランスのとれた食事が大切であることが見直されています。 和食中心にした食事メニューにした方が良いでしょう。そしてどんな料理も食べすぎは良くありません。腹八分目が適量です。 適量の食事が長生きすることにつながるのです。 脂肪を取りすぎてしまうと、大腸がんだけではなく乳がんにもなりやすくなるといわれていますので注意しなければならないのです。

大腸がんを予防するのには、ぜひ取り入れたい栄養素があります。 ごぼうやたけのこなどの食物繊維を含む食品です。 またカロテンを多く含む緑黄色野菜も大切です。 ホウレン草や人参など積極的に取り入れたいです。大腸がんの予防につながります。 そして脂肪の酸化を防ぐ効果があるのに役立つのはしょうがの辛味です。 これらの食品を取り入れながら、バランスのとれた食事をすることが大切です。 また食事だけではなく、適度な運動をする習慣を身に付けることが大切です。 運動することにより、体の生理機能を活発にさせてあげるのです。 丈夫で健康な体になるとストレスなどからも解消されます。 規則正しい生活ががんになりやすい要因から遠ざけてくれます。